2008年07月14日

第85話「空の箱」

ネタバレ全開につき、続きから。

・久しぶりの軍服大佐に心の底からときめきが止まりません。ときめきノンストップにも程がある。何事…!!
・ヒヤシンスの花言葉は初めて知りました。が、まあ確かに無駄に詳しそう…花言葉とか。
・しかし、わざわざヒヤシンスを選んだのって、イヤミの為だけじゃなくて、少将をが怒ってメモを火の中に投げ込むなりなんなり、処分しやすくする為…?だとしたら深すぎるよ大佐…!
・それにしても胡散臭い笑顔が似合いすぎる国軍大佐(30)が素敵すぎる。
・中表紙の涎垂らして寝てる兄さんが可愛すぎる。
・しかしチェス盤はある程度今の状況を表しているのですな。キングはセリム・ブラッドレイ(プライド)と、ホーパパなんだろうな。
・盤の外にいるハボックの陰に隠れて見えない駒は…マリア・ロス少尉ですかね?最終決戦前にどう絡んでくるのかがすっごい楽しみです。
・おー、ハクロ少将久しぶりー。でも所詮捨て駒ー(笑)
・羊の大群がプリティすぎます牛先生…!(悶)
・ま、爆破されて谷底に落ちたぐらいで大総統は死なないでしょうな。でも作戦の鮮やかさにちょっとドキドキ。
「いくぞ」「アイアイ」の面子に、も、燃えた…!(滾)
・その角度、その立ち姿でなお分かる中尉の乳が素晴らしすぎます。おっぱいは正義!
・しかしズタボロになったフュリー曹長が激しく萌えです。通信とか機械専門みたいなポジションですが、やっぱ訓練受けてる軍人なんだなあって感じで。やっぱりマスタング組は全員大好きだ…!
・……何かお父様老けた?てか、やつれた??
・ホーパパ…手元にあるのは焼き芋ですか…?
・いきなり右で容赦なく殴る兄さんが素敵すぎる。
・うんでもね、殴っといた方がいいと思うの。ホーパパの気持ちも事情もそりゃ分かるが、何の説明もせずにずーっと放浪してたのはホーパパだもんなー。
「そう言える息子でよかったよ」……ちょっと泣きそうになった。
・ホーパパの涙にうろたえる兄さんが可愛すぎる。
・しかし前から思ってたんですが、唯一の家族写真、あれってホーパパ泣いてるじゃないですか。あれをエドがどう思ってたのかってのがずっと気になってます。何となく、ですが、あえて、そこから目を逸らしていたような気もします。誰か憎む相手がいないと、エドはあんな風に気を張っていられなかったと思うので。
・牛先生も書いてましたが、父の帰還は家長として頑張ってきたエドにもやっとした不安を与えるものだった、というやつですな。ちょっとニュアンス違うかもですが。
・ところで、パパはやっぱり戦いが終わった後…そういうつもりなんですかねえ。でも、エドもアルもいるんだし、別にその頃でもいいんじゃないかなあ。多少遅くなったってトリシャママはちゃんと待っててくれると思うよ…。
「色々ってなんだ」「どーせつまらん意地だろ」兄さんの半分は意地で出来ているので仕方が無いのです。そこが可愛いのです。
・兄さんのコートは赤。兄さんのコートは赤。兄さんのコートは赤…!!(滾)
「たぶん奴らと最後の闘いになるだろうからさ。気合い入れてかないと」……最近の兄さんは更に男前度がアップした気がしてなりません……ッ!!
・アルフォンスinプライドー。うん大丈夫大丈夫。全然心配してませんとも。だってアルだもんー。


間近に控えた最終決戦への期待度が高まりすぎて死にそうです…!あああもう終わっちゃうのかあああでも最後まで見たい読みたい続き超気になる…ッッ!!リアルタイムで連載読めて幸せですホント。
posted by 観済寺凪之介 at 20:08| 本誌感想