2010年06月11日

第108話「旅路の果て」

ネタバレ注意。



・まず表紙。煽り文句の「ついに完結…!! ありがとう鋼の錬金術師」を見た瞬間にレジ前で既に涙が滲みました。
・しかし今回ちょっと変わった構図ですね。でもいい。あちこち芸が細かい。
・ガン●ンの『ン』の字の空白部分にいるシャオメイとか、足を上げてうっふんポーズを取っている(と、思われる。推定)師匠とか(笑)
・兄さんは文句無しに恰好可愛いvv 大佐は…いや、顔は普通なんだけども。何となくその手の上げ方が何か…微妙…。
・そして下手すりゃ面積比だけでいくと主人公よりもでかいアームストロング少佐(笑)
・今回はぺらっとめくるとそこにも兄さんv
・お父様を素手でボコる兄さんが素敵すぎる件。
・あああそれにしても兄さんは闘ってる時が本当に格好良い。本当に本当に恰好良い。
・こういう言い方はアレですが、ここまで流血が似合う主人公もそうそう居ない気がする…。
・それにしてもグリリンは仲良くなりましたよね。何時の間にやら。
・最初で最後のウソ……グリード……!!(涙)
・この時のリンの表情が…何とも言えないです…。
・個人的にはグリリンでシンの皇帝になる未来も良かったんじゃないかと…思……。
・いや、こういう事を言ってはいけませんね。
・炭化能力で一番脆いボロ炭に…なるほどって感じですね。
・『強欲』の筈だったグリードが、最後に「ああ。もう十分だ。なんも要らねぇや」って…ああくそ、目から心の汗が…うう。
・それにしてもお父様の腹に風穴開けた流血兄さんの表情が息をのむ程に恰好良い。
「だからおまえの言う通り おまえにも絶望を与えるのだよ」
・真理のこの台詞…ちょっとぞっとしました…。
・アルの鎧がもうボロボロ…。
・それにしても大佐は「あいつはひとり取り残される恐怖と絶望を知っている」って…。最初の人体錬成の時の状況を指して言ってるんだろうけど、随分とエドワードさんの事を理解しておいでなのですねマスタング大佐ったら。
「最期くらい父親らしい事をさせてくれ」って、ホーパパ…!
「バカ言ってんじゃねぇよクソ親父!!」
・エドが…エドがやっとホーパパの事「親父」って…!!!!!!!(感涙)
・しかも泣いてるし!エドが泣くのって人体錬成直後に熱でうなされてた時以来なんじゃ…!
「誰もオレ達兄弟に「あきらめろ」って言わなかったじゃないか!!!」
・「鋼の錬金術師最後の錬成にな!!」

・あああああああああああエドかっこいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!
「錬金術が無くてもみんながいるさ」
・てらいも無くこういう事を言えるのがエドの強さで、そして成長の証なんだと思います。
「勝手口は あっち だ」
・か、勝手口…!? あんの勝手口!? 何かそう言われるとマジでちゃぶ台とかあってカーチャンとかいそうなんですけど真理!!
・しかし泣きっぱなしのメイちゃん可愛いな(笑)
・それにしてもメイちゃんって幼児並みに小さいんだけど何歳なんだろう…。どう見ても十歳以下に見える…。下手すりゃ五歳くらい…。
・アルはガリガリですが予想してたよりは元気ですね。良かった!
・ホーパパと握手…。親子の触れ合いですね…。
・シグさんにもハグ。シグさん男泣き(笑)
・そして、静かにその場を立ち去るホーパパ…。うう…。
・エドのコートに乗せられて大総統夫人のとこまで運ばれるセリム…。夫人には何て説明したんでしょうね…。
「国民に多大な犠牲を強いる錬金術の大実験」って、確かにほぼその通りでもあるし、説得力がありますね。シナリオはブレダが作ったんでしょうか。
・そして大佐の目。心配は全くしてませんでしたが、こう来たか!という感じです。
・それにしても大佐は「目が見えんなりに私に出来る事を考えようと思う」って…この人は本当に…。
・ところで強制的に人体錬成をさせられても「通行料」を取られちゃうのが理不尽じゃね?と思ってたんですが、今回の事でちょっと思った事がありまして。
・ちょっと穿ちすぎと言うか深読みしすぎなのかもしれないんですが「自分の意思ではなく、しかし罪を犯した」事についての通行料、代価な気がします。
・それは今回の人体錬成にも当てはまるし、大佐の過去――…イシュヴァール戦にもあてはまるんじゃないかと。
・別にイシュヴァール戦における正当性だとか正義とか、そういうものをどうこう言うつもりは無いのですが、あの時大佐は「自分の意思ではなく、上層部の命令によって、罪の無い人間を殺した」わけです。
・しかしそれを言っちゃえば中尉だって誰だってあの時はー、って話にもなっちゃうんですが、そこは「錬金術師としての罪」という事じゃないかと。
・それと、今回の通行料として「眼球」そのものではなく「視力」が取られましたよね。それも結局のところ「真理」の予定調和だったのかなーと。
・いやかなり穿ちすぎというか妄想に近い理屈なんですが、真理って結局のとこ全部の出来事を把握してるわけじゃないですか。
・ドクター・マルコーが賢者の石を持ってて、大佐を治せる事が分かっていた。そして交換条件として「イシュヴァールの救済」を言いだす事も。
・だからこそ、後でダメージにならないような「視力」が通行料として選ばれて、そしてまたそれが返される事になったんじゃないかと。
・……自分で書いておきながら穿ちすぎ…というか考え過ぎだ……。
・でも牛先生の意図は「自分の意思ではなく、でも自分が犯した罪」「その罪に対する贖罪」じゃないかなーと思います。うん。多分。
・そしてシン国組。これも…良かった…!
・ノックス先生の言った事が、ちゃんと届いてる。それがシンっていう国の今までの成り立ちを変えるかもしれない。これってすごい事だと思う。
・ノックス先生は多分、ごくごく当たり前に、自分の思ってた事を言っただけだと思う。でも、その当たり前が、今までは当たり前じゃなかった。でも変わる。これってすごいよ。
・これからリンが皇帝になって、他の家の一族もまとめて全部受け入れる。そういう強欲なら大歓迎だ!
・シン国組との分かれはあっさりですな。「またな!」ってそこがいい!
・そして…ホーパパ…トリシャママのお墓の前で…。
・うん…でも良かったね。本当にお疲れ様でした。
・そしてスカーが生き延びてるのにびっくり。でも良かった!しぶとく生きてくれ!!(笑)
・それにしてもスカーと会ったら大佐驚くだろうな(笑)でもタフだからすぐにスカーの存在がイシュヴァール政策にどれだけ役立つかに気付きそう。頑張れ大佐!
・リゼンブールに帰ってきた兄弟。アルがちょっと健康そうになってる。良かった。でも時間的にどのぐらい後なんだろう…。
・それにしても兄さんの髪型はポニテで固定なのですねvv
「一緒に家を出たんだ。一緒に帰るさ」……いい台詞……!
・「ただいま」
・エドが、エドが初めて……!!!!!!
・「おかえりなさい」って、すごくいい言葉ですよね…うあああああ心の汗が止まらんんんん!!!!!!
・「マスタング准将」って、順調に出世しているようで何よりですな。シン国との鉄道交易とかすごいな。シンと気軽に行き来出来るようになりそうだ。
・両腕とも生身の兄さん…新鮮…v
・ていうかちょっと成長した兄さんの美人度が増していてドッキドキです!
・屋根の上から見るリゼンブールの雄大な自然が…ああ、こういうのって本当に牛先生ならではですよね。
・しかしアルは成長して男前度が上がってますな。女の子にモテそう(笑)
・えーと、で、「あれからもう二年近く」?ですと?
・ええと…そもそもエドが16の誕生日迎えたのが冬で、リゼンブールの羊祭りが春で、約束の日が……いかん、分からなくなったので後でコミックス確認します。
・でもとりあえずエドが18歳以降って事ですね!
・あ、前後しましたがちびセリムが可愛いvv
・エリシアちゃんも大きくなったなーv
「ランチセットと…牛乳下さい」アルは牛乳が好きなのか、それともエドと同じ轍は踏まないように心がけて摂取してるのか(笑)あ、無論身長的な意味で。
「シンに行くよ」……ってアルが何だか男前すぎてドッキドキです。うおおおいい男に育つぜこりゃ!
・アルフォンスが東回り、エドが西回りで知識を身につけてくる、って事は、アルがシン国でエドがアメストリス国内って事でいいんですよね?他の国とは国交が断絶してるし。
「等価交換だ」
・って兄さん…アナタまさか告白もしてないのにプロポーズしたんじゃ…!
・あ、いや、でもそれはちょっと萌える。可愛い。告白すっとばしてプロポーズ可愛い。
・そして照れてるエドもウィンリィもどっちも可愛いvv
・それにしても全部あげるとか言えちゃうウィンリィはすごいな!でもそうだよねー。
・ウィンリィを抱き締める兄さんの頭の位置で兄さんの成長を実感する…大きくなったね…!(感涙)
・そして写真。を、一枚一枚!
・まずはトリシャママの隣にホーパパのお墓。良かったねホーパパ…。
・で、その下…ブラハ柄の仔犬…って、え、お嫁さん貰ったのブラックハヤテ号!?
・シンの皇帝の衣装を着たリン。…に、似合わない…! とか言っちゃダメかな(笑)さりげなくランファンが付き従ってるのがいいですね。
・マイルズとスカー、二人共頑張って欲しいです。
・アームストロング家は…ええと、何やってんだろ…少佐は背筋も凄いねって事ぐらいか…。
・ええと、ヨキ…とダリウスさんとハインケルさん、は、この背景と衣装はまさかサーカス? 就職したの??
・ファルマン准尉、もとい少尉は何だかブリッグズに馴染んでる(笑)
・師匠達もお元気そうで何より。
・それとええと…機械鎧技師の…名前が出て来ない…って言うか何やってる写真なんだろコレ。
・何だか凛々しいフュリー曹長。昇進したんですかね?
・リハビリ中のハボック元少尉。リハビリ出来るって事は望みがあるって事ですよね!頑張れー!!
・そしてマスタング准将は何だかちょっと…お、大人の色気が…?! あ、中尉は髪が短い方が凛々しくて好きですvv
・そしてリゼンブール組。エドにそっくりすぎ(笑)悪ガキそうな笑顔だな可愛いな!アルはいい男に育ってますねv ウィンリィはあんまり変わらないですが可愛いな。抱っこしてる子はウィンリィ似ですね。しかしメイちゃん…顔変わってねええええ!!!(笑)そのまんま身長だけ伸びたな!
・そして。最後の最後。エドの笑顔が…本当に、本当に良かった…!!

この漫画に出会えてから、日々幸せでホントに充実してました。これからもきっと、ずっと幸せです。
牛先生、本当に本当に、ありがとうございました!そしてお疲れ様でした!
作品としては完結したけども、これからもずっと、この作品に出てきた色々な人達の色々な日常と人生が続いて行くんだと、素直にそう思える素晴らしい最終回でした。
何度も何度も読み返しましたが、何度も何度もじんわりとした感動にひたっています。良かった…本当に良かった…!!!

この勢いのまま夏コミ原稿頑張ります!!!!
posted by 観済寺凪之介 at 23:53| 本誌感想