2011年06月12日

何か遊び過ぎだ…。

昨日は日帰りで東京ディズニーシーに行って参りました!
先週に引き続き東京行くとかどういう…遊び過ぎだ我ながら…。
でも楽しかったです!

以下続きから日記。ロイエド妄想過多(笑)
いちいちどのエリアの何、というのが細かく書いてありますが、本人的覚え書きですすみません。次回の参考にと思いまして。

無駄に長いです。ご注意願います。




そもそもシーに行く事になった切欠が、朝のニュースでシー特集みたいなのをやってて「いいなー行きたいなー。でも日帰りになっちゃうー」とツイートしたらコナミさんが「お付き合いしますよ」と言って下さったので「では気が変わらないうちに!」と速攻で計画を立てました(笑)
コナミさんはそもそもウチの通販のお客さんで、二年位前?の夏コミの時にお手伝いの方を募集したのが切欠で、そのままほぼ毎回ウチの売り子さんを手伝って下さっている方なのですが、イベント以外で丸一日遊んで頂くのは初めてでした。楽しかったー!(悦)

事前にチケットを取って頂き、計画も立てて頂き、という、まさにおんぶに抱っこ状態でした。ありがとうございます。いやもうホントに。

そして前日「どうせ遠足前の子供状態で眠れないに決まってるから眠くなるギリギリまで原稿やる」と言って原稿をしていた私。
結局寝たの1時だったんですが、何故か4時に目が覚める私。
そして私が起きたのを察して「起きたの?遊んで!遊んで!!」とスリスリゴロゴロペロペロ攻撃を開始するウチの姫様(猫)を、抱っこしたり撫で撫でしたりしつつも二度寝に突入しようとしましたが……ね、眠れん……!(遠足当日の子供発動)
結局、諦めて起きて準備して着替えして……当然ですが、余りまくる時間。原稿やろうにも何か集中出来ないしって事で、ちょっと早めに駅に。

結局、予定していた新幹線に乗る時刻の一時間前に駅に到着し、更に時間をもてあます私。(←馬鹿すぎるにも程が)
そこで「よーし早めに東京駅行って、お土産物色しよう!」と決めて切符交換していざ東京へ。
お土産見つつ、本屋さんと雑貨屋さん見てたらあっという間でした(笑)

待ち合わせて合流したコナミさんに「凪さんなんだからこうなる事を予測しておくべきでした…」とか言われながら京葉線に乗って舞浜へ。
そもそも前にランドに来たのがシーが出来る前だった、というくらい久しぶりでしたが、もう舞浜からディズニーリゾートラインに乗った段階で既に大興奮。ミッキー!窓がミッキー!!

そして園内に入って、その風景に更に大興奮。あの徹底して外部と隔絶された夢の空間の演出っぷりがいいですね!あのハンパ無い気合いの入れっぷりが素晴らしいです本当に。

入ってすぐのディズニーシプラザを抜けたところにあるメディテレーニアンハーバーを眺めて「ホントに港だ!すげえ!!」とか言いつつ、アメリカンウォーターフロントにある「タワー・オブ・テラー」へ。そそして想像以上の高さっぷりに内心怯える私…。(どういう内容のアトラクションなのかは知っております…。実は絶叫系が苦手)
とりあえず混雑してたのでファストパスを取って、私が行きたかったロストリバーデルタの「インディジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」へ。
確か待ち時間が40分ぐらいだったんですが、実際は30分弱で乗れました。ていうか色々退屈しなくていいですよね。沢山見るとこあって。
DSC00749.jpg
デジカメ忘れたのでorz コナミさんが撮ってくれた写真。
遺跡とか大好きなのでもう雰囲気だけで大興奮ですよ! ちなみに頭に「呪いの〜」とか付くと更に興奮度アップ(笑)

ちなみにこの辺で「インカロイエド」とか口走ってました。パラレルで、エドが遺跡の調査員で、一人で道に迷って、黄金の王国に辿りつくと、そこの王様がロイなんですよ。
で、エドは肌の色が白くて金髪だから「神様だ!」って事になっちゃったりなんかして。そんで髪も瞳も黒いけど肌だけが白くてちょっと周囲から浮いてた王様ロイとエドワードがまあ急接近なんかしちゃったりしましてね(お約束)
で、エドの母国が侵略の為に攻めてきて、エドは王であるロイに「逃げろ!」とか言うんだけどロイは逃げないんですよ王だから!
みたいな妄想を語ってたのは私です。二十四時間妄想ノンストップは伊達ではないです。
しかしこうなると悲劇になっちゃうので、エドは遺跡の調査員で、調査に来てた先で転んで頭打って、気がつくと黄金の国にいた、みたいな方がいいですかね。
で、自分がタイムスリップしてる事に気付くエドは、史実としてこの黄金の国が滅ぼされる事を知っている為、ロイに逃げろって必死で言うんだけど逃げるわけがなくて。で、最終的にエドだけ「神の国に通じる泉」に落とされて現代に戻る。
「夢を見ていただけ」と思おうとするけど、首にはロイのくれた黄金の首飾りが。
ロイの事を思ってぼんやり過ごすエドワードの元に、他の大学から来たという研究員が現れてですね。まあお約束でロイ・マスタングさんと言いまして(笑)
「こんな事を言うと笑われるかもしれないんだが……私はずっと前から、君の事を知っていたような気がするんだ」
泣きだしたエドワードさんが抱きついてハッピーエンド!よし!!(妄想長すぎ)

アトラクションは楽しかったです!運よく最前列になれたので、余計に迫力あったし。しかし教授の動きが妙にリアルで何か笑えました(笑)特に最後の。男前だわー。

アトラクション終わって「楽しかったー!ロイエド書きたいー!!」と脈絡がありそうで無い事を口走る私。あ、いや、別にインカロイエドを書きたいわけではなくてですね、楽しいとロイエド書きたくなるんですよね。まあ、悲しくても切なくてもロイエド書きたいと思うんですが。要は感情の降り幅が大きいとロイエド書きたくなるようです。

そしてこの段階で、コナミさんの腰が少々危うくなり「タワー・オブ・テラー」を断念。内心で物凄くほっとする私。だって、だって近くで見たら物凄く高かっただもん…!(涙目)

そしてミステリアスアイランドの「海底2万マイル」へ。ホントに潜水してるみたいなリアリティが面白かったです。あと海底人?みたいなのが妙に可愛かったー(笑)

同じミステリアスアイランドの「センター・オブ・ジ・アース」にも興味が無いわけではなかったんですが…。「海底2万マイル」を待ってる間に見た、あの火山から「ぽいっ」と出てくる感がですね、うん。そのね、うん。無理無理無理無理無理……!(滝汗)
子供の頃は絶叫系大好きだったのに、大人になったらダメになった不思議。何でだろう。色々保守的になるから…?

そしてそれから、そろそろお昼予約した方がいいかもね、という事で「ディズニーシーエレクトリックレールウェイ」に乗って、再びアメリカンウォーターフロントの辺りへ。
しかしレストランがもう一杯でプライオリティ・シーティングも無理だった為、適当に他のところを探そうという事で、歩いてメディテレーニアンハーバーへ。
途中途中でお店でお土産なんかを眺めつつ、「イル・ポスティーノ・ステーショナリー」でガイドブックで見た「横顔のシルエットを切り絵にしてくれる」というので、ロイエドデートを妄想。
絶対大人が欲しがって子供が渋々付きあうに決まってる、そして子供のシルエットにはアンテナがー、とか言いつつ、「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」へ。(ふらっと入ったので店の名前は今確認しました)
フードコートだったんですが、席も多くて普通に座れました。先に座ってて下さいと言われて、上げ膳据え膳状態でごはんを待つ私(こんなんばっかだな私…)
シーフードドリアとパスタを頼んだんですが、普通のお値段で普通に美味しかったです。買い食いをするつもりだったので、軽めが良かったし(笑)

そしてその近くからたまたま出港予定だった「ディズニーシー・トランジット・スチーマーライン」に乗って、再びロストリバーデルタへ。乗った途端に雨足が強まった…と思ったら、降りた途端に雨脚が弱まってラッキー(笑)
そこからアラビアンコーストに向かいまして。道々、そこの建物が素敵なのだと力説するコナミさん。

コ「それでですね、その町で、あの子が花を売ってるわけですよ!」
凪「……今、まるで実在しているかのように語りましたね?」


まあそんなわけでアラビアンロイエド妄想に突入ですよ。
市井の子供として元気に育ったエド。しかしその前に突然黒髪の青年が現れて跪くわけですよ。
「お探し申し上げました。我が君……!」とかね!とかね!(馬鹿丸出し)いや、この場合は敬語萌えです。あ、もちろんエドは実は王族の出身だったりするわけですよ基本として。
ちなみにエドはお花やさん(花売り)なので、跪く前に「お花を全部頂けますか」(やっぱり敬語)とかも萌えます。

そして「マジックランプシアター」へ。魔法のめがねを速攻装備したら、結構後の方になって「合図するまでかけないでね」って…もっと早く言ってくれよ…。
しかし3Dってやっぱりアニメーションが一番生きる気がする。しかしジーニーは可愛いなあ(笑)
それからちょっと休憩って事で「カスバ・フードコート」でタンドリーチキンと飲み物を。カレーを食べようかどうか散々悩みましたが、おやつ程度にとどめました…。美味しかったですタンドリーチキン。
そして「アグラバーマーケットプレイス」でジーニーグッズを見て、ジーニーのカレーセットを購入するかどうかしばし葛藤する私達。(結局買いませんでしたが)
それから建物を見て回っていたら、ジャスミンに遭遇!うわー腰細い!っていうかホントにアニメの中から抜け出てきたみたいでした!
そして「チュロス食べたいー」とか言ってシナモンのチュロスを購入。どうしてこう外で食べるチュロスは美味しいんでしょうね…。困るわー。

それからマーメイドラグーンに行ってないよね、って事になりまして、海の底に潜って参りました(笑)ていうか、あの空間の気合いの入れ方もまた凄いですね。小さい子向けの感じだったのでアトラクションには乗らずに、ショップだけ見て回りました。
そこで見つけたミッキーのTシャツが欲しかったのですが、生憎と大きいサイズが品切れで断念。寝巻きにしようかと思ってたんですが、欲しかったなー…残念。

そこからポートディスカバリーに向かい、「アクアトピア」に乗りたかったんですが、設備点検中で再開未定…。
とりあえず「ストームライダー」へ。ここも待ち時間15分くらいだったかな?すぐに乗れました。しかし席についた途端に頭に水滴がぽたぽた…。仕様?仕様なの??とか思いつつ、アトラクション開始。……うん、仕様でしたが洩れるの早いよ!(笑)

しかし最後の最後で何やら異変が。最後の方がちょっと唐突な終わり方だったかも?とか思っていたらキャストの方が出てきて「申し訳ありません。緊急停止致しましたのでそのままでお待ち下さい」という内容の事を(二回も噛みながら)言って、また引っ込んで行かれて「???」
えー、これも演出?噛んだりして芸が細かいなーと感心していたら、どうやら本当にアクシデントだったらしく(笑)原因はよく分からなかったんですが、すぐに客を外に出さずに留め置いた理由というのが、このチケットでした。
yuusen.jpg
要はコレ、時間指定の無いファストパスのようなものなのです。お詫びとしてこちらをお渡しします、とキャストの方が言った時には、どよめきと拍手が起こりました。

コ「待たせてた理由は、これを用意してたからだったんだ…!」
凪「か、神対応すぎる……! ほとんどアトラクション終わってたんだから、そのまま出しちゃってもいいのに……!」


リピーター率90%以上は伊達じゃないな!と感心しました。
でとりあえずアクアトピアに乗った後(これも大変に私好みでございました)このチケットをどう使おうかという事になり、結局、再び私の希望で「インディジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」へ。再び教授を満喫して、アメリカンウォーターフロントへ。
そこでブラックペッパーのポップコーンを食べて「美味い…!ビールが欲しい…!」とか言いつつ休憩。
そこから最後にお土産屋さんを見て(もうどこのお店か分からなくなりましたが)アリスのトートバックを発見。
凪「コナミさんこれいいよ! B5を横にしても余裕でドカドカ入るよ!」
もっと他に言う事は無いのかという判定基準で2人して購入。多分夏コミに持っていきますコレ(笑)

しかし、この後も色々とお土産見て、ディズニーリゾートライン乗って舞浜に戻っても更にイクスピアリを見て、お土産屋さんに引っかかりまくりながら何とか東京駅まで戻りました…。いや、誘惑多いですねホントに。
しかし夕方〜日が暮れてからの風景も雰囲気があって本当に素敵で、出来ればもっと遊んでいたいー!と思う気持ちがよーく分かりました。
泊まりでいってみたいけど、その場合は姫様(猫)をペットホテルに預けるしかないわけで…それは可哀想すぎる…orz

しかしとりあえず「次はランドの方に!」という事になったので、少しくらいは絶叫系に乗れるように、か…覚悟を決めていきます…。うん。ビックサンダーマウンテンは過去に乗った事があって普通に楽しかったのですが、今はどうかな…ふふ…(遠い目)
posted by 観済寺凪之介 at 23:20| 日常雑記